最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 厳冬の甲斐駒ケ岳 | トップページ | JAXAと相模原市立博物館を見学 »

2012年2月 7日 (火)

「山靴の音」著者/芳野満彦さん逝去

2012.02.07(火)雨
朝刊で芳野満彦氏(80)が5日に亡くなったという記事を見つけ、友人に連絡してみた。
Img_3277高校生のとき購入した著書「山靴の音」をいまでも大切に保管している。
THE MOUNTAINS No.4  山靴の音 1966.4.27 初版 二見書房 @580
22P.「岩と雪の中で-遭難」、高校生二人の凄まじいドキュメントが綴られている。読み返してみた。八ヶ岳赤岳付近。1948年12月のこと。同行の友はいまでいうところの低体温症で亡くなった。本人はビバークを重ね、救助されたのち凍傷により足部を切断した。五文位のサイズになってしまったことだろう。
新田次郎の「栄光の岩壁」のモデルともなった。

1965年の夏、マッターホルン北壁の登攀で芳野さんは福岡の渡部恒明氏とともに日本人初の成功をおさめた。このあと渡部さんは、高田光政さんとともにアイガー北壁に向かったが上部で滑落し、負傷して亡くなった。ミュンヘンで彼のフィアンセが待っていたことで、週刊誌等でセンセーショナルに報道されたことを覚えている。

« 厳冬の甲斐駒ケ岳 | トップページ | JAXAと相模原市立博物館を見学 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事