最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

八ヶ岳/阿弥陀岳/広河原沢左俣アイス

2011.12.31(土)快晴
12/30(金)快晴 
12/29-31 天候が西高東低の冬型ではないため、春みたいな暖かさ。雪も極めて少ない。それにしてもおかしいと思う。
Img_2596
これが二俣のBC、雪がこんな状態。信じられない。まぁこれから降るか?
Img_2579
舟山十字路から二俣のBCまでゆっくり歩いても1.5時間、鍋用の生鮮食材をたらふく持ち込んだ。魚介類・野菜など。ほかにイカ・タコの刺身や生ハムも。
Img_2576
12/29はBC設営後、右俣、武藤返しの滝で遊ぶ。
Img_2592
12/30(金) 左俣の谷はクリスマス寒波のおかげでよく氷っていた。Photoの奥は12mの大滝Ⅳ+。
31日は原村の日帰り温泉、「もみの湯」に浸かって食事して、ガラスキ?の中央道・相模湖IC経由で快適帰宅した。
例年雪山で年越ししていたが、今年は私にしては近年にない大晦日の在宅年越しとなった。

2011年12月26日 (月)

箱根&富士麓など

2011.12.26(月)快晴

Img_2563
12/25(日)晴
自宅から箱根は近い。昼すぎに出発。湯本駅付近でやや混んでいたものの順調に走行。沿道には早くも箱根駅伝の飾り付けが始まっていた。
Img_2552強羅にある温泉旅館でのお目当ては白いうす濁りの露天風呂。客は少なく貸切状態。翌朝までに4回浸かった。

Img_2566
12/26(月)快晴
芦ノ湖、御殿場を経由して山中湖。富士山がどんどん大きくなってくる。風が強そう。
Img_2569
御殿場側からは積雪が少ないように見えたが、上部はそんなことない。吉田大沢と屏風尾根が見える。
年の瀬の観光地の平日は、空いていて寒々しい感じであった。
燃費は260km走行して、表示では16Km/㍑弱を示していた。(凡その燃費がスピードメーターの下に表示される)
帰宅後、整形医で膝関節に7回目のヒアルロン酸注射をしてもらった。

(注)12/27NHK-朝Newsでの積雪情報
青森/酸ヶ湯:230cm、群馬/水上藤原91cm、鳥取/大山:161cm

2011年12月20日 (火)

相模原のストマジ

2011.12.19(月)快晴
Img_2528正式には「ストーンマジック」、チャリで行ってみた。月曜日が半額デー(@1050)。月曜にふと思い立ってゆくのに都合がよい。
Img_2529午後3時ころ入ったが、30名くらいのお客さんがいた。ボルダー壁での若い方のパワーは素晴らしい。

Img_2530_2数年振りに行ったが、自動ビレー器はワイヤー式に変更され、2ヶ所だけとなっていた。シューズをクリスマスセールしていた。

2011年12月18日 (日)

伊豆/城ケ崎&城山

22011.121.18(日)快晴
12/17(土)城ケ崎
Img_2461エリアは「シーサイドロック」、海岸沿いの岩場。そこには懸垂で降りる。かぶり系の難しいエリアであった。
泊りは近くにある民宿大重丸。12畳に5人で泊った。
ごはんが美味しいし。
翌日のお弁当(おにぎり)までセットされていた。

12/18(日)大仁の城山
Img_24982日目のエリアは、城山の上部に位置する「クッキングワールド」。
Img_2512


伊豆スカイラインからの富士山。2週間前に通った時より雪は減っているようにみえた。

Img_2525_2駿河湾の日没

帰路、まいどの渋滞。
帰宅は7時となった。

2011年12月16日 (金)

初冬の石老山・・・加齢者ウォーク

2011.12.15(木)快晴
Img_2415足を痛めている方とともに歩く。神奈川県北部、相模湖の南側に由来のある顕鏡寺が麓にある石老山。平日は空いていて良い。
Img_2433晴れているので頂上からは、大きく見える白い富士山がよい。

Img_2431

裏から見る丹沢もよい。高くみえるのは蛭ヶ岳か。


Img_2437大休止。おでんに始まり、味噌煮込みうどん。
低山を楽しむにはいい時期だ。広葉樹は葉も落ちて樹間からの眺めもよい。
Img_2441相方は下肢の筋を痛めており、私は膝関節治療中。それぞれ痛めている部位を確かめながら歩いた。加齢者ウォーク

2011年12月14日 (水)

初冬の相模原

2011.12.14(水)朝、小雨のち曇り

12/12(月)快晴
Img_2363市内:以前から私学みたいにハイカラな校舎の小学校だなと思っていた。



Img_2368麻溝エリア:午前中、体育館に入るまえに市立麻溝公園にある展望台に上がったみた。快晴で丹沢山塊がよくみえた。
体育館のジムに行った。
Img_2383あとは県立公園のメタセコイヤの紅葉を観にいった。



Img_2391_2公園内の広々した空間。
Img_2395



ついでに隣接する女子美大の施設に寄ってみた。
Img_2410

帰路、北里大方面も行ってみた。相模原ゴルフクラブが隣接している。
すべて自転車で回った。


12/13(火)快晴
この日は厚木郊外、広沢寺の岩場に行った。私はアイゼンクライミングの練習。平日であるためこの日は中高年ばかり3パーティのみ。

12/14(水)は午後3時より自転車で市立体育館へ。トレーニング室で2.5時間。ここは穴場である。空いている。

大阪での単身赴任から戻って6カ月目。普段自宅では、山岳図書や登山用具などに囲まれた2階の自室で過ごす。食事の時間には階下のカミさんから声がかかる。まるで下宿人みたいだ。

趣味三昧、浮世離れしたような生活である。

※学生時代、松本市にて1年間賄付で下宿したことがある。市内の色街にあったお寺で、離れの2階8畳間であった。住職の家族と一緒に食事をしていた。お寺の大広間で宴会があるときはお酒も飲ませてくれた。そこで選挙関係の集会があったとき、当時人気者であった「東京ぼん太」が招かれていたことがあった。お年寄りを前にオバアチャンの立小便の話で笑わせていた。
自室2階からは常念岳はもちろん、槍ヶ岳の先っぽを眺めることができた。

雪山訓練・・・天神平

2011.12.11(日)降雪なし、関東平野は晴れ
Img_2346朝、ロープウェイで天神平に上がった。寒くない。稜線はガスっていた。
積雪はひざ上、新雪である。シーズン始めだし、新雪を踏むのは心躍る。
トレースを外して雪の感触を確かめながら上がる。
Img_2351斜面では山岳会などグループでの講習会があちこちで行われていた。
種々基本訓練を行い、終了した。(13名参加)

2011年12月10日 (土)

リハビリウォークⅤ・・・表丹沢や人工壁など

2011.12.10(土)

12月7日(水)晴れ時々曇り
Img_2315アイゼン歩行が初めてのHZさんとアイゼンを着け、水無川戸沢から天神尾根を往復した。
登りはともかく下りでは膝にやや負荷がかかるのが実感、やや違和感があるものの大分回復してきた。もちろん整形医や体育館のトレーニング室に通っている。
Img_2323この日の晩はSACの例会




Img_2326_3そして忘年会に出席した。




12月8日(木)曇りのち小雨
Img_2331
Img_2328HRさんと藤沢のJ-WALLに行った。
平日のため空いていていい。気兼ねなく練習させてもらった。いま体が重いので登れません。減量掛け声目標▲10%。

2011年12月 4日 (日)

リハビリウォークⅣ・・・伊豆/天城山

2011.12.04(日)終日快晴

12月3日(土)この日は天候不良で観光(浄蓮の滝と旧天城トンネル)→温泉→WB氏中伊豆別邸
Img_2249伊豆といえば川端康成の「伊豆の踊り子」、吉永小百合主演の同名の日活映画を思い出した。

Img_2264
旧天城トンネル:明治38年竣工、平成13年に重要文化財に指定された。

Img_2277
夕食は屋外で。炭火焼きと海鮮ナベ

Img_2285


平屋の農家を手入れした家屋内には囲炉裏があった。羨ましい。



12月4日(日)天城山(万二郎岳~万三郎岳)
Img_2293万二郎頂上直下より、伊豆の海に初島が浮いてみえた。
Img_2300


結構ブナ林がある。林層は豊かだ。



Img_2304この日は快晴、やはり富士山がいい。

2011年12月 1日 (木)

リハビリウォークⅢ・ハイクなど

2011.12.01 (木) 終日霧雨・・・寒い

11/27(日)快晴・・・丹沢広沢寺
Img_2228SACのアイゼン訓練日。初心者への手ほどき係で参加。日曜のため、混雑となった。ロープがすだれのよう。ここは神奈川県内で近くてよい。
Img_2229調子が良くなれば、本数を稼ぐアイゼンの反復練習をこなしたい。
左端の壁はここではホネのある25mがある。

11/29(火)曇り・・・市立総合体育館トレーニング室
歩き:時速6.5㌔・30Min.、マシンで膝関節リハビリと上半身強化、ストレッチなど。
11/30(水)快晴・・・丹沢鐘ヶ岳リハビリウォーク③
Img_2241
山頂には解説板があり、ここの土地の中世の歴史を知ることができる。
膝の状態を確認しながら歩いてみる。サポーターなどで固めればなんとか。現在、水のシミだしはないようだ。
Img_2243このコースではオバちゃんたち元女子グループに出遭った。大正生まれの方も一人いるよと教えてくれた。コケないでと祈った。
Img_2236鐘ヶ岳は低いながら目立つ山容で浅間山ともいって近隣の信仰を集めた。
文久四年(4年後に明治元年となる)と読めた。鎌倉郡和泉村(いまの横浜市泉区か?)と彫られていた。
12/01(木)霧雨・・・予定していた伊豆へ平日クライミングは、天候不良で中止。よって市立総合体育館トレーニング室へゆく。帰りに郵便局に寄り、夏のインド登山隊のリエゾンオフィサー/Bhupesh君の自宅にCDを航空便で送った。返信メール記載のアドレスを書いたが届くかどうか、一応書留とした。@740で思ったより安かった。
金曜~土曜も天候不良との予報。週末の伊豆方面での岩登りプランは中止となった。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »