最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 東信州で温泉巡り | トップページ | こどもの国で孫と遊ぶ »

2011年8月28日 (日)

ワイルドワンズのナマを聞く タイトル:「思い出の渚で、シャララ」とあった。

2011.08.28 日曜 晴れ
案内のチラシ⇒ 「20110828.pdf」をダウンロード
この日、グリーンホール相模大野で加瀬邦彦&ザ・ワイルドワンズ、結成45周年記念のライブがあり、当日チケットを買えたので、ステージから8列目の席を選んだ。開演17:00 
私の右隣の女性とお話をしたところ追っかけさんでした。
Img_0928 高校2年生のとき大ヒットしたのが当時湘南サウンズといわれた「思い出の渚」。今回これのナマを聞きたくて入場した。
やはり観客は私と同年代のおばさん・おじさんが多い。エレキギターとドラムの大きな音響。バックにはメンバー以外のキーボードとドラムスが加わった。キーボードの女性はリズム感が抜群の方だった。坊ちゃん顔だったリードギター加瀬邦彦のテクニシャンぶりはさすが。
Img_0930_2ナマに初めて接した。歌唱力はプロとしては? このグループの限界を感じた。
オープニングではなぜか目頭が潤みそうになった。

« 東信州で温泉巡り | トップページ | こどもの国で孫と遊ぶ »

音楽」カテゴリの記事