最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 剱岳から帰る | トップページ | ランニングを開始する »

2011年5月 8日 (日)

信州佐久平/中込と岩村田

2011.05.08 日曜 快晴
昨年に続いて今年7月に出発するインド・ザンスカール登山隊の参加メンバーによる打ち合わせのため、今回も信州東部の佐久に行った。
近鉄の夜行バス・千曲川ライナー、3列シートで良く眠ることができた。朝7時過ぎには佐久平に到着。沿線では花が咲きはじめ、遅い信州の春を感じさせてくれた。まだ田植えは始まっていない。
集合はお昼だったため、午前中の時間を利用して市内を訪れてみた。
Img_9438 旧中込学校。明治8年落成。
当時としては極めて珍しい洋風建築。地元の誇りだったようだ。建築費のほとんどを地元小村の有志募金で賄い、松本の開智学校とともに教育県のルーツをみる思いがした。
手前には立派な藤棚。
上部には時を告げる太鼓楼。建物にはステンドグラスも嵌め込まれ、ギヤマン学校ともよばれた。
Img_9388 昨年佐久にきたとき、この学校のことを知ったので、ぜひ訪れてみたいと思っていた。
受付で明治時代の銅版画のコピーをいただいた。⇔「110508nakagomi_school.jpg」をダウンロード  
Img_9402 展示してあった修身の教科書。ほかにもさまざまな教科書、授業料徴収の判取帳、生徒の作文、明治時代の文部省公文書など貴重な保存文書をみることができた。教育関係者にとっては興味つきないものと思う。
Img_9381 中込駅近くのお店「蔵元:初鶯」
Img_9371 浄土宗 西念寺。1560年の建立。
ご本尊の阿弥陀如来像が安置されている。制作年は今より千年前、宇治平等院と同じ定朝作という。
このお寺は小諸藩、岩村田藩の菩提寺でもあった。(岩村田)
Img_9440 龍雲寺。信玄ゆかりのお寺という。。(岩村田)

Img_9444 近くの円満寺は工事中であった。。(岩村田)

Img_9370 かつては交通の要衝であった岩村田の宿。小諸、甲州、上州への街道の分岐点であったため米穀の集積地としても大きな役割を果たした。遊郭もあったらしい。
中山道は、京都と東国を結ぶ重要な街道であった。皇女和宮をはじめ、都を離れて嫁ぐ姫たちが通る街道であったため、「姫街道」ともよばれた。
Img_9454長野駅の近くで豊橋のKD氏(Photo)と生ビールを飲みながら、名古屋行き特急電車の時間待ち。
22時には大阪宅に戻った。

« 剱岳から帰る | トップページ | ランニングを開始する »

旅行・地域」カテゴリの記事