最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 春の京都① 詩仙堂を訪ねる | トップページ | 近畿ブロック山岳救助訓練・・・滋賀県湖西の北小松にて »

2011年4月 3日 (日)

春の京都② 知人宅を訪れる

2011.04.02 土曜
Img_8489 昼過ぎに大阪にいるかつての高校同級生とともに左京区で暮らす知人宅を訪問した。
お会いするのは43年ぶりである。取りあえず乾杯である。親戚だという享保十一年創業、M井酒造の生酒「千歳」をいただいた。
お昼の食事をいただいた。
Img_8505 せっかくなので、三人で散策にでた。「哲学の道」沿いを歩く。
ここは東山の麓に流れる京都疎水に沿った絶好の散策路。
Img_8509 かなり咲いているようだが、このあたりはまだ二分咲きというところか。
満開まであと数日を要す。
Img_8515 法然院への道の傍ら、お盆に載せた飾りがさりげなく置かれていた。低いところ(道端の地面の上)なので、通り過ぎてしまう方が多いと思う。
Img_8520 鹿ヶ谷の草庵、ここに松虫姫・鈴虫姫の出家にまつわる悲しい物語が伝えられている。後に法然上人により住蓮山・安楽寺として復興された。
Img_8531帰路、甘いもののお店にもお付き合いして寄ってみた。この界隈では知られたお店らしい。きみ家
Img_8529_2 抹茶と煮小豆



Img_8519_2 我々見た目は団塊のおじさん、おばさんだが、時は一気に抵抗もなく、高校生の時代に巻き戻された。そして半日を楽しく過ごすことができた。

« 春の京都① 詩仙堂を訪ねる | トップページ | 近畿ブロック山岳救助訓練・・・滋賀県湖西の北小松にて »

旅行・地域」カテゴリの記事