最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 函館にて | トップページ | 西穂高・独標よりターン »

2011年4月20日 (水)

大阪造幣局/桜の通り抜け

2011.04.20 水曜 曇りのち晴れ
Img_8965 今年は4月
14日から20日までが一般開放の期間。
本日が最終日。お昼に駆け足で行ってきた。

Img_8947 造幣局南門から北門までの約560mの間に約120品種、約350本の遅さきの八重桜が見所である。
今年は開花がやや遅かったようだ。いままだ満開である。

Img_8961うすい緑色がかかった珍しい花びらの八重桜。

この通り抜けは明治
16年から開放された。
Img_8950 おばちゃんたちのグループが多い。

ここは江戸時代の藤堂藩の蔵屋敷を大阪造幣局が引き継いだ敷地だという。

Img_8968 毎度のことながら、川沿いには一大飲食ゾーンが出現していた。
今年は自粛といことで、夕方5時閉門となったため、お店は売上減になっていると思う。

昨年は60万人の人の出。今年は33万人。夜9時までのライトアップを中止していた。国内外の観光客がかなり減少。
平成7年の阪神大震災のときは前年差▲11万人の72万人だったという。

« 函館にて | トップページ | 西穂高・独標よりターン »

旅行・地域」カテゴリの記事