最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 春の京都② 知人宅を訪れる | トップページ | 六甲から有馬温泉、三ノ宮 »

2011年4月 3日 (日)

近畿ブロック山岳救助訓練・・・滋賀県湖西の北小松にて

2011.04.03 日曜 曇りで寒い。午後2時くらいには寒気がぬけて、快晴となった。
Img_8542_2 土曜の夜、京都から湖西線北小松駅下車、元県の山岳センターだった元気村に入った。
大きな東屋のコンクリートの上で一人寝たが、吹さらしで琵琶湖からの風が強く、酔いがさめると寒かった。
Img_8568 本日、朝7時半からの受付後、集まりケガ人搬出のデモンストレーション。救命のデモでは、訓練用人形が2体用意され、希望者は心臓マッサージを経験することができた。
Img_8565_2 毎年行っているシュリンゲ用ロープの強度テストも実施した。切れるまで増員しながら引っ張る。
Img_8594 私たちのグループは、マイドAK氏が講師。クライミング中のアクシデントに対応できる引き上げ、引き降ろしが重要な課題。
Img_8578 セルフ・レスキューをテーマに山岳センターの人工壁を利用して訓練を行った。

この日、総勢308名がこの行事に参加した。東日本大震災、義援金の募金も呼びかけられた。

Img_2862 【追記】
神戸の方が撮って送ってくれた。
もう少し事故者を下げておくとよかった。
こういう訓練は続けなければならない。

« 春の京都② 知人宅を訪れる | トップページ | 六甲から有馬温泉、三ノ宮 »

いわトレ(あるぱいん)」カテゴリの記事