最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 好天の六甲山 | トップページ | 夕方の道頓堀あたり »

2011年3月21日 (月)

好天にあらず/(福井県側)三周ヶ岳

2010.03.21 月曜
天気がよくないのは分かっていたが、大荒れにはならないと考え、ヤブ山だし舞鶴に住むKKRのRM子ちゃんと出かけてみた。
3/20 新大阪ー敦賀(ドッキング)ー広野ダム
Img_8271 0945、ダムより歩く。外周道路は除雪してあった。
無雪期にはここから夜叉ヶ池への登山道がある。
Img_8273 夜叉ヶ池山より北北西に伸びている尾根にダム湖に沿った道路から取り付いた。雪のあるこの時期は地図をみて登るべき尾根を探す。ここは豪雪地帯。
急登のあと尾根上にでて、私はワカンを彼女はスノーシューを装着した。
Img_8279 3時間半で標高900m地点に着く。天候悪化で行動中止。1315雨が降り始め、強風がずっと2150まで吹き続けた。樹木の枝折れによるテント破損をずっと懸念した。テントを内側から押さえた。テントは軽量のアライ2。
Img_8289 夕食は野菜たっぷりのシャウエッセン入り洋風鍋。美味しかった。
RMちゃんの自宅のおばあちゃんが、畑で作ってくれた野菜だという。おばあちゃんはお米もつくる。かなりのお歳のはず。
強い風はピタッと止んだら、雨が強くなった。2150
Img_8292 3/21 朝シュラフから出ると、頭がつかえた。テントの周りが融けてしまったためだ。視界不良と雨のため下山することに。テントサイトよりつぼ足で下山開始0815。前日に付けた赤い布のマーキングが役に立った。ブナが多い。
Img_8298 ダム駐車場着0955。

時間があるので、近くのスキー場に隣接する「今庄365温泉やすらぎ」に行った。
Img_8305 雪景色を眺めることができる露天風呂があった。
Img_8310 温泉から上がると、食堂で二人とも「今庄おろし蕎麦」大盛り@800を注文した。生ビールも。
蕎麦はヤブ系、やや太めの田舎蕎麦だ。
Img_8322 1泊のテント山行でも積雪期の荷物は多い。敦賀からJRサンダーバードで新大阪に戻った。
偶然、新大阪駅の蓬莱551店の客が並んでいるところに、娘と孫娘を発見。
一瞬目を疑った。2歳の孫は私をまだ確認できない様子・・・。

« 好天の六甲山 | トップページ | 夕方の道頓堀あたり »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事