最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 師走の一日 | トップページ | 師走の和歌山・大阪にて »

2010年12月22日 (水)

北鎌輪舞曲・・・山の本のタイトル

2010.12.22 水曜 午後快晴
この夏、一緒に行ったインド登山隊の隊長から増刷りしたとのことで、10冊の販売を頼まれた。

十数年前に出版した山の本、「北鎌輪舞曲」金田博秋著
※日本山岳会東海支部&豊橋山岳会所属・1948.9生(62歳)
この本の外装 → 「101216kanedahiroaki.pdf」をダウンロード

彼の若き日の熱い想いが伝わってくる。読んでいてシーンがしっかりイメージできる。

出版社の方が随分とお手伝いしたのではないかと思う。
素人が書くというのはたいへんです。
奥さんの挿絵がいい。知りませんでした。
厳冬期4回目、槍ヶ岳北鎌尾根完登のドキュメント。普通1回ではまず成功しない。
(SACのKJさんは若き日に初回で成功したという。)

序文は元RCCⅡの湯浅道男氏が書いている。
※大阪P会でもかつて6回目にして厳冬の北鎌尾根を単独完登された方がいたという。
購入希望の節は連絡ください。

« 師走の一日 | トップページ | 師走の和歌山・大阪にて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事