最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林①(10/23) | トップページ | 故・逸見晴恵さんのこと »

2010年10月24日 (日)

秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林②(10/24)

2010.10.24 (日) 曇りのち、昼より雨
Img_5768 泊ったのは、美山町江和にあるコテージ、1棟で8人がゆっくりできた。
見上げているのは桂の木。落ちた葉っぱの匂いをかいでみると、綿菓子の匂いがした。
Img_5786 この日は由良川の支流、内杉谷川からけやき峠方面を目指す。

11時にはUターン、河鹿荘で風呂に入り、遅い昼食、解散がこの日の予定。
Img_5783 短い時間ではあるが、中身の濃いウォーキングを楽しめたと思う。
小さいエリアではあるが踏み跡のみ、コケ類の多い、プリミティブな谷歩きは皆さん満足のようでした。
Img_5804 12時半前から雨が降り出し、午後1時には駐車場に戻った。
Photoは左手、背の高い樹木はメタセコイヤ、標本として植えたのかもしれません。小さな葉っぱに特徴がある。イチョウ同様、前世紀遺物の植物か。
Img_5806 車で移動中に見かけた。白い花のそば畑があった。
Img_5809 河鹿荘では美山で採れたという松茸を販売していた。とても高いです。
5時半には帰宅できた。

Img_5787【追記】
前日も見かけたが、マムシソウが実を付けていた。
Img_5793 コレ、茎が見事なマムシ模様。
蛇は苦手です。マムシではないが、本物の蛇を見かけましたね。

« 秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林①(10/23) | トップページ | 故・逸見晴恵さんのこと »

ワンダリング」カテゴリの記事