最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 新潟/燕三条 | トップページ | 秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林②(10/24) »

2010年10月24日 (日)

秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林①(10/23)

2010.10.23(土) 晴れ
Img_5704 友人のグループに誘われ、私にとっては2回目の芦生の森。ここ美山町は京都府北東部に位置してそこを流れる由良川源流は京大農学部付属芦生演習林エリアにある。(現在研究林と名称が変わっていた。管理部署も変わったのではないかと思う。)植物分布上から見ても貴重なものが多く、植物の宝庫として貴重な存在だ。
Img_5705 2日間どっぷり「芦生の森」に浸かるのが当グループ今回の目的。
私は来年神奈川の自宅に戻るので、関東から便のよくないここは、多分再び訪れることはないと思う。
Img_5707 トロッコ道を行く。ゆっくり歩いたため、カズラ谷出合で昼食としてUターンとなった。
Img_5759エンジン付トロッコはまだ現役。
Img_5717 奥にゆくに従って、軌道は壊れているところが多くなる。
Img_5735 傾いている仮設の橋では、足もとが不安定のため腹ばいになって渡る方が多かった。滑って落ちないこと。
Img_5747 中ほどに、フラットで明るいところにブナ林(人工林と思う)があった。幹に耳を当ててみる。
Img_5767 【夕食】コテージ方式の農家民宿では、バーべキューを用意してくれた。高年齢グループとしてはよく飲んでよく食べた。
Img_5761_2 持ち込みの大型チャイナ松茸も焼いた。(私、今シーズン3回目の松茸会)

« 新潟/燕三条 | トップページ | 秋・芦生の森を歩く・・・京大研究林②(10/24) »

ワンダリング」カテゴリの記事