最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« マナリの女性たち | トップページ | 登山隊本隊追及・・・アプローチ② »

2010年8月 8日 (日)

登山隊本隊追及・・・アプローチ①

2010.08.08 日曜

2010.06.27の行動
前晩遅くデリーに到着し、市内のホテル(Ashok Conuntry Resot)に泊まり、早朝国内向け飛行場にてクルー行に乗り込んだ。
Img_1737 KINGFISHER Air Line、 ここの路線は似たような距離のJALやANAに比べて割高である。避暑にでかけるインド富裕層らしき一族が搭乗していた。
翌日、マナリを現職のソニア・ガンジー大統領が来訪するとのことで、マナリはものものしい警備態勢で通行止めとなるため、予定していたここでの宿泊は取り止め、マナリで車を乗り換えロータンパスを越え、ケーロンまでゆくことになった。
Img_1741 ロータンパス手前で休憩。この時期、峠で雪遊びができる。インドの観光客が多かった。
ビールは「KINGFISHER Strong8%」のロング缶をいただく。
Img_1744 マナリより同乗したリエゾンオフィサー、25歳、なかなかの好男子。彼はブッディスト(仏教徒)。
Img_1758_2 ロータンパス(3978m)から眺められた山々。
Img_1776 ケーロンの入口、ここは州都(3078m)
Img_1798 泊ったチベッタン系のホテル。Img_1794_3
夕食はチャイニーズメニューを注文した。チャーハン(Fired Rice)は恐ろしくまずかった。よってビール2本。
TVは衛星から受信。インドの音楽と踊りを見た。Zingという楽しいチャンネル。


翌日からはテント泊となる。最後のシャワーを浴びた。

« マナリの女性たち | トップページ | 登山隊本隊追及・・・アプローチ② »

海外」カテゴリの記事