最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

OWAF救助隊の搬出訓練に参加

2010.01.31 日曜 曇り後小雨
P1310258 テントで前泊。朝7時集合、訓練は班分けされ、比良のイン谷で実施された。P会からは7名が参加した。
あるはずの雪がない。やむなくイン谷で行うことに。無くてもシミュレーションはできる。
P1310266 ビーコンでの雪崩埋没者の探索とゾンデ棒での探索、掘り出し発見、梱包、搬出など一連の作業の搬出訓練を行った。
P1310270 事故回避への心構えも目的である。
私のビーコンはデジタルのトラッカー。2年ほど使用していなかったので、お恥ずかしいことに長押しする探索開始モードの操作を忘れていた。
帰路、比良トピアのお風呂で、当日訓練していたという兵庫WAFの旧知のメンバーにお会いした。

前穂Ⅳ峰事故報告会に参加して

2010.01.30 土曜 晴
P1300213_6
事故日(2009.08.20)の6日前に亡くなられた方と同じアプローチを私たちがたどったため、事実を確認したく、私が大阪で所属する会で、ご本人と面識もあったSY・AYの両氏とともに尼崎で開かれた報告会に参加させていただいた。
P1300211 

2010年1月27日 (水)

雪たっぷりの伊吹山

2010.01.27 水曜 快晴
P1270211 新幹線の車窓から伊吹山がよく見えた。雪がたっぷりあって雪山訓練ができそう。

2010年1月25日 (月)

甲州 尾白川渓谷のアイスエリア

2010.01.24 日曜 快晴 冬型の気圧配置が崩れて寒気が後退
P1240188 甲斐駒ケ岳山麓の尾白川渓谷に初めて入った。気温は下がっていない。ゲートから林道を30分
ほど行くと、東屋があり、そこがガンガノ沢のF1錦滝であった。午前中はよく日が当たる。氷結状態は悪くないと思うが、落ち口あたりが薄いようだ。誰も取り付いていない。
このすぐ先にしょぼい沢があり、これが平田(ベータ)ルンゼ。帰路に上部の凍った滝が樹木の合間に確認できた。その先に崩れた林道を越すと岩間(ガンマ)ルンゼのF1/20mがしっかり氷結していた。
P1240191 落ち口の上にクライマーがみえた。さらに先を行きトンネルを3つほど過ぎると林道の終点。その手前から対岸に刃渡り沢の氷瀑を確認することができた。
本日は3人でエリア確認とアイスクライミングが少し遊べればいいと思って来た。林道の終点から尾白川の川底に向かって急降下。FIXロープが3本あった。誤って雪のトレースに沿って上流に向かい渡渉点をさがしたが、渡れず。いったん戻り、川底から左岸を5分ほど下るところに渡渉点があった。ここでアイゼンを装着して渡る。
10
分ほど刃渡り沢に入ると、ナメ滝が現れた。KAMOのお二人が登攀準備をしていた。この上にも1パーティが確認できた。KAMOのお二人は正面やや左にラインをとった。われわれは正面右にラインをとる。右端はやさしくなってしまう。2ピッチで二段のナメ滝を終了。落ち口は部分的に急傾斜。ハンドルスクリューの性能は素晴らしい。
15 他のエリアを見ようということでここから懸垂で戻ることにした。photoは刃渡り沢下部のナメ滝を下降するSACのMM君。終日快晴だが、寒くない。東屋まで戻って錦滝を観察した。落ち口はさらに薄くなってジャージャーと水流がよく見えた。
Photoでは立派に氷結しているように写っているが、陽が当たっても朝の方が状態が良かったかな。午後になっても気温は下がらず。落ち口以外はオーケー。時間もないし・・・。ズクなしでありまして~。帰ってしまいました。
P1240206 下部はよく凍っている。朝のうちにの方がよかったか。
次回はよく冷えたときを狙って訪れたい。帰路、自治体だと思うが、環境パトロールの四輪駆動車に
出会った。

渋谷にて新年会②(高校時代有志)

2010.01.23 土曜 晴れ
P1230177_2
高校1年時の仲間と渋谷で新年会を開いた。42年ぶりに会うOY君(八戸からでてきた。)を含めて7名。
111
場所は宮増坂方面にNG君が探してくれた北海道イメージの居酒屋『根室食堂』。
P1230182_2 話は尽きない。60歳のオヤジたちは、18歳に戻ってしまった。

2010年1月19日 (火)

今年も「晩白柚」をめでたく供える。

2010.01.19 火曜 晴
P1180174 昨日、田町からの帰路、友人に熊本名産の晩白柚(バンペイユ)をもらい帰宅した。早速玄関に飾ってみた。縁起物ではあるが、いまや高級柑橘類である。しばらく香りを楽しんでから食べてみよう。
後方のphotoはネパールヒマラヤのキムシュン6500mくらいの山。15年前に撮影した。まだネパール政府から登山許可が出ていないが、美しい山だ。
PS 自宅でも一輪だが、紅梅が開花した。(1/18P1180159

東京港区・三田界隈

2010.01.18 月曜 快晴 寒い
P1180166 この日は所要でJR田町駅にて下車した。ノッポビルができていたが、東京タワーは昔のままだ。
P1180162_2 札の辻交差点からタワーが見え、懐かしかった。私が小学6年のときの完成ではないかと思う。新幹線開業まえには、東海道線に特急こだまが走った時代。当時は確か
6.5時間で大阪と結ばれていたと記憶している。当時毎月買ってもらった「子供の科学」に記事がでていたような気がする。
2年後には押上にタワーができるらしい。私が東京タワーに上がったのは二人の子供ができてからだ。いつでも行けると思うと行かないものだ。

湯河原の幕岩にて・・・SAC新会員のユガマク・デビュー

P1170131_2 2010.01.17 日曜 晴れのち曇り 肌寒い
暖かい湯河原の幕岩のクライミングに混ぜていただいた。EBさんと昨年12月に入会したという23歳のTH君と私の3人。初めての岩ということで、手ほどきに丁度よい悟空スラブで3ピッチほどのロープクライミングと懸垂2ピッチを体験してもらった。
※画面をダブルクリックすると大きく表示できる。
P1170133 上部からは海の眺めがよく、六甲の堡塁岩かキャッスルウォールから神戸港を見下ろす感じと似た雰囲気が感じられた。

P1170147 食事をしてから下部に下り、桃源郷エリアに移動。5-9クラスのスラブをトップロープで何回か登ってもらった。最初はこのくらいのオサワリでよろしいのではないかと思う。
TH君はZ市の消防署勤務。将来のレスキュー隊長となるかも知れない逸材だと思う。若い方なので、まずは幅広く山登り・クライミングをやり、その後は自分の目指す方向に狙いを定めて、じっくり歩んでほしいなと思った。

P1170124ここでは早くも早咲きの紅梅をみつけた。開花数は数えられる程度。白い梅もあり、香りがいい。手入れがよいここ幕山公園は全山梅林であり、2/6からの梅祭りは賑やかになる。約4000本あり、斜面は梅のじゅうたんとなり、梅の香りに包まれる。
P1170145 大きな鳥も飛んできた。名前が分からない。

二子玉川にて新年会①(中学時代の有志)

2010.01.16 土曜
P1160067 玉川高島屋10FのイタリアンISOLAに集合した。お店は幹事役の女性が選んでくれた。男どもには相応しくないかも知れない・・・。ピザを焼く窯が備えられていた。
P1160062 二子玉川駅、かつては二子多摩川園前駅といっていたはず。45年ほど前は東京でも場末的な雰囲気の駅とその周辺であった。駅前の二子橋には大井町線が路面に走った。二子玉川と渋谷の間には、玉電と呼んだチンケな路面電車が走っていた。とても懐かしい町だ。
P1160065当時を知る者からするとしゃれた雰囲気に大変身を遂げたと思う。

いまでは玉電ではなく田園都市線という名になって小田急の中央林間まで延びている。つくし野駅あたりは、あの「金曜日の妻たち」の舞台になったところだ。

みなさんとしゃべっていると45年まえに戻ってしまう感じだ。Photoをみると皆さんやはり年輪を重ねたお顔です。3Dクラス当時の委員長だった未亡人OOさんはとてもお綺麗でした。
P1160083 ハイカラなイタリアンはよく分かりませんが、分けていただいたものは全て食べた。焼きたてのピザ(マリゲリータ)は美味しいと思った。普段は口にしない。二十歳のとき初めて食べたピザ、苦い思い出?がよみがえる。
P1160105 展望の良い席で、間接照明も良くさすが場所柄、今風「ニコタマ」のセンスを感じさせるお店であった。

二次会は自由が丘に移動。熊野神社まえの昔風スナックにてカラオケ。最近にしては珍しく12時すぎの帰宅となった。カミさんは怒っていたが、楽しかったです。

2010年1月14日 (木)

山の会・大阪P会の例会風景

2010.01.14 水曜 快晴 寒気が入り寒い
梅田にて。昨日の例会(1/13)
は、事前に欠席連絡もあり、寒いせいかMS,KT,HM,TN,OT,YNのみなさん6名が出席。いつになく寂しい例会ではありましたが、アットホームな感じで20時半に終了。外にでると駆けつけたYT嬢が合流。さらに21時から第二例会「居酒屋スーパー百番」でHKさんが合流。1名帰宅して最終7名(1860才まで)での2次会となりました。ここではYT嬢の初冬山参加の報告がありました。また雪山に行くんだとの表明もあって、その場ですぐに次の計画が具体化されました。
事情により参加が間に合わなくても第二例会がある。コミュニケーションが大切な趣味の山岳会です。

P1130061 この日の例会会場は広い教室。私が1時間の進行を担当。
2次会は安い梅田の「居酒屋スーパー百番」、繁盛しています。
P1130063 呑む人2千円、呑まない人1千円で精算。
世相を反映してか、若い方たちだけでなく、割り勘と思われる中高年のサラリーマングループもいままでになく目立ちました。

2010年1月11日 (月)

浪速・高津宮の「とんど祭り」

2009.01.11 
P1110129 谷町の由緒あるお宮で昨年に続いて訪れた。気に入っております。
P1110111 毎年成人の日に行われている。
P1110120 イベントだけでなくここは有名店の屋台が人気。湯引きや煮込みなどいただいた。
P1110140 本殿前では踊りや歌。昨年も踊っていただんじり囃子、顔の大きい浪速のおばちゃん。
最後は上方締め。
P1110171 落語で知られる『高津の富くじ』を再現。5票1000円を投じたが外れた。かすりもしなかった。
P1110181 ステージでのライブ。ジャズ、雅楽、フラメンコ、津軽三味線、大道芸、大阪プロレスなど、これでもかとなんでもあり。
P1110186 境内は大宴会場と化していた。

残り福・・・今宮戎神社

2010.01.11 月曜 晴れ時々曇り
P1110101 ここは随分とまえに訪れ2回目。午前中にお参りした。
P1110070 神社の周辺は露店でいっぱい。戎総本社の西宮神社と違い、こちらはド派手。境内は「商売繁盛で笹持って来い」が鳴り響いている。まことに賑やかである。
P1110087 縁起ものの笹を売るコーナーがそこらじゅうにある。境内は福笹売りオンリー。
P1110071 選ばれたお嬢さんたちは美人揃い。福娘さんたちは千早を羽織り、金色の烏帽子をまとった華やかな姿。なんとなく浮き浮きした気分にさせていただきました。
でもみんな似たような感じ???
P1110074

福娘は45名、海外からの留学生もいるという。選ばれると15万円と訪問着が贈呈されるとのこと。18-23歳の未婚女性が条件。P1110084
勤務先の女性社員が1人いると聞いた。写真には写っていないが・・・。お会いしたいものだ。 
P1110092 神事も行っていた。
世の中が明るくなることを願うばかりだ。3日間で100万人が繰り出すそうだ。

裏六甲 百丈岩

2010.01.10  日曜 晴れ時々曇り
今年前半6ヶ月のトレーニングはアイゼンでのリッジや氷などの氷雪訓練、3月・5月には氷河を想定したロープワークを重点に行い、仕上げは富士山の高度順応などして6月末の出発に備えたいと考えている。ターゲットはインドヒマラヤ6000m前後の未踏エリアである。
P1100061 本日はIMさんとアイゼン5ピッチの練習。爪跡に乗り込む不動岩の壁より、むしろ逆層気味の百丈岩がいいと思う。やさしいフラッットソールでの登り方とはかなり異なる登り方となる。確認しながら前爪にしっかり乗り、動かさないように重心を載せ、じわっと下肢を伸ばして上がってゆく。
P1100063 となりの壁では、我々と同年齢くらいの往年のクライマーがクラシックスタイルでハングから垂壁のアブミ登攀をしていた。
すでにフリー化されているルートだが、細かそう。
この日は連休だったが、ここはとても静かだった。

2010年1月 9日 (土)

宵戎(よいゑびす)・・・西宮戎神社

2009.01.09 土曜 晴
友人の案内で、西宮戎神社(兵庫県)に行ってきた。延べ16年目の大阪生活で初めてのこと。今宮戎とは雰囲気が違います。西宮神社はエビス様を祀る総本社。宵戎・本戎(10日)・残り福の3日間で100万人が繰り出すという。
P1090065 並んでお神酒をいただいた。ここにたくさんある酒造会社がここの神社を支えていると思う。
P1090077 本殿入口ではお祓いを受ける。みなさん、整然とゆっくり進んでゆく。
P1090079 本殿はスゴイ人でごったがえす。
P1090084 マグロもある。招福大まぐろには、硬貨が貼りつけられる。
P1090087 境内は混んでおります。
P1090091 女子大生の福娘さんがいて、この娘さんから福笹を買いました。
P1090098 境内には飲食店がいっぱい出店している。キンキラキンの福飾りのお店が並んでいる。

2010年1月 5日 (火)

2010年お正月・赤岳鉱泉BCミーティング

元旦夜、7時すぎに茅野駅集合、元旦の夜はMTさん知り合いの茅野市郊外のビニールハウスにて。まずは乾杯。P1010095
カラマツを燃やす強力なマキストーブ(ボイラー並み)のおかげで暖かく眠ることができた。ここでは地元
MTさんの独壇場。
2日は美濃戸口から赤岳鉱泉までゆっくり入山し、BC設営。(photoはいずれも1月4日撮影)
P1040102 正月の八ヶ岳にしては結構な積雪である。

途中、下山してきた大阪のOWAF登山学校パーティやCOWACとすれ違う。気象条件が悪く、どこも登れなかったらしい。
3日は期待に反して天候が良くない。5時半に出発したものの、赤岳主稜はとりやめ、取り敢えず地蔵尾根に入る。ショッパイ朝食であったため、のどが渇いてどうにもならない。稜線直下まで行き引き返した。戻るとMT先輩は鉱泉の食堂に主の如く陣取っていた。
午後にはKZ氏とTZ氏が到着。テント内で今回目的の第1回隊員会議を行った。
P1040108 4日、天気回復。9時頃には快晴となった。私は自宅に孫が来るので、予定どおり早く下山したくてしょうがない。
P1040112 美濃戸では阿弥陀岳南稜を越えて行者小屋経由で下山してきた
P会の新会員3名を含む5名パーティと出会った。1326分のあずさに乗り、15時すぎには八王子に着いた。
今回、MT先輩が食料を手配してくれたので、注文を付ける立場ではないが、5人分ではあるものの、あまりにも大量でしかも重たいものばかり。一晩早く下山となったため、随分と持ち帰ることとなった。もちもかなり余す。生の野菜をたっぷり入れたカレーはとても美味しかったです。3日朝の乾麺は塩ッパくていただけない。味噌まで入りドロドロ状態。食い物の・・・。
私は少量だが和牛のヒレ肉や生ハムなどを持参した。

100104 帰宅して、里帰りした1歳になった孫(女の児)を抱くことができた。ヨチヨチ歩きを始めてたいへん。まず障子を破ってくれました。

2010年1月 1日 (金)

謹賀新年

2010.01.元旦  快晴 朝6時:外気温 0.2℃

       2010年        迎 春
Pc220081前月、淀屋橋にて京阪電鉄のポスターを見つけた。4代目の「おけいはん」楠葉けい子さん。京都に通う10代の女子大生だそうです。場所は伏見稲荷。
神奈川の自宅で元旦を迎えました。
夕方から、某登山の打ち合わせで、八ヶ岳の赤岳鉱泉に出かける。
昨年は2月と9月に入院。随分と痛い思いをした。
今年はケガをしないように十分に注意したい。 Pc220084

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »