最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« ディープOSAKA・・・チンドンライブ | トップページ | 桃谷の「福一」・・・山の会の忘年会 »

2009年12月13日 (日)

アイスクライミング始め・・・八ヶ岳

2009.12,13日曜
ODARのお二人と八ヶ岳赤岳鉱泉に小屋泊りで行ってきた。12.12の土曜はシーズン始め、まずは裏同心ルンゼへ。
Pc120068 F5の落ち口をダブルアックスで越えるOMさん。
Pc120070 2時間余りで大同心の基部に上がった。
Pc120075_2 休憩していると大同心雲稜ルートを登攀するパーティが望めた。(望遠で撮影)
Pc120079 赤岳鉱泉ではアイスキャンディ(アイスクライミングゲレンデ)が12日からOpenとなった。ガイド催行に合わせてか? まだ氷の発達は悪くご覧のとおり。当日はガイドパーティですきいるすきなし。午後3時半からようやく取り付けた。
Pc130104 翌日は大同心大滝にゆく予定だったが、ガイドパーティの人数が多すぎ、アイスキャンディのトップロープ遊びで帰ることなった。(写真はwatakushi)
暖冬でジョーゴ沢の氷は不可。大同心大滝も殆ど不可とのことで諦めた。とにかく暖かいのです。取りあえず「アイスクライミング始め」を終えた。。
Pc130105 いつもはテント泊だが、赤岳鉱泉の山荘に45年ぶりに泊った。
Pc120083 食事がよかった。鍋で牛肉を焼いた。ご飯と豚汁はお代わりをした。連泊したらデブになりそう。
(注)アイスキャンディ利用の登録料は500円から1000円に改定されていた。

« ディープOSAKA・・・チンドンライブ | トップページ | 桃谷の「福一」・・・山の会の忘年会 »

あいすクライミング」カテゴリの記事