最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 利尻・礼文の旅・・・③ 礼文島へ | トップページ | 利尻・礼文の旅・・・⑤ 利尻経由で帰途 »

2009年7月20日 (月)

利尻・礼文の旅・・・④ スコトン岬から礼文林道

2009.7.17 金曜 曇り時々晴 

民宿での朝の気温は16.6℃ 朝の路線バスで、一人でスコトン岬に向かう。家内は島内バス観光である。終点で下車したのは10人程度。P7170201ここの岬には売店と民宿が1軒あった。P7170207岩礁には黄金色の昆布が貼りついているのが見える。
P7170229海岸沿いの景観がなかなかのものである。天気は晴れとはいかないが、いままでの天候のことを思うと満足。P7170231ゴロタ山から丘陵地を歩く。ゴロタの浜が眺められた。鉄府漁港、稲穂岬と続き、その裏には澄海岬がある。鉄府と上泊を過ぎると人気が急になくなる。P7170252

そのうちに標高200m台の樹林帯を通過するが、気温を計測すると13.2度、考えられない気温だ。ここ日本海沿いの海岸上の丘陵地を歩いていく。断崖が続いている。アマナに向かって下り、歩きにくい海岸沿いに進む。綺麗な海である。P7170268

P7170279宇遠内から元地のコースは通行禁止とされ、香深井への道をとる。森の中を歩き、礼文林道の分岐を過ぎ、車が通行できる林道に入る。途中初めて利尻山が姿を現した。美しい山である。P7170312
ウスユキソウの群生地では、引率者に連れられたグループが2、3いた。香深までの途中、携帯が鳴り大雪山系の遭難事故の詳細を知った。P7170341
利尻礼文で4回目の夕食、二人分のバフンウニをご飯に載せる。クリックすると黄金色に輝くウニが・・・。

« 利尻・礼文の旅・・・③ 礼文島へ | トップページ | 利尻・礼文の旅・・・⑤ 利尻経由で帰途 »

縦走、ハイクなど」カテゴリの記事