最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 孫を訪ねて、たま電車 | トップページ | おじさんたちが若者だったときの熱い冒険記 »

2009年6月21日 (日)

「第1回 なにわなんでも大阪検定」の帰路、千林大宮にて

2009.6.21 日曜 曇りのち晴れ  

大阪工業大学で行われた大阪商工会議所主催の検定試験、3級(初級)は60点がボーダーラインで、なんとかクリアできたと思う。でも延べ15年の大阪生活では、まだまだ未熟です。帰途、地下鉄の駅まで10分余りの間に銭湯が3軒もあった。私の好きな庶民的な街。

P6210066_2

P6210068

P6210072

P6210078

表にまわると正面玄関。温泉。入浴料410円。

裏道には、昔ながらの大阪の典型的な長屋がここにもあった。

P6210071_2

P6210079_2 さらにレトロな酒屋さんの看板が、気を引いた。いま東京で暮らす友人は、小学校から中学にかけて7年余、この地で暮らしたという。

« 孫を訪ねて、たま電車 | トップページ | おじさんたちが若者だったときの熱い冒険記 »

でぃーぷOSAKA」カテゴリの記事