最近のトラックバック

2023年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

6さいのばらーど

  • 6さいのばらーど
    ゆーゆ(井上あずみさんの長女7歳): 「NHKみんなのうた」より

お奨めの1冊

  • 斉藤惇夫作・薮内正幸画: 冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)

« 河内 富田林の寺内町 | トップページ | 下町を快進撃の生鮮食品スーパー »

2009年6月 1日 (月)

冬の丹沢・円山木沢の氷・・・42年前

2009.6.1 月曜

友人が私の古いアルバム写真をスキャンしてくれた。そのうちの2枚である。大棚とCS滝である。196711415

高校2年の冬、寒気が入った1967年(昭和42年)115日、東丹沢の円山木沢である。42年も前のアイスクライミング初体験。今はこんなに氷結することはまずないと思う。当時の用具は、エバニュー、鍛造のピッケル(角度が拝んでいない)、アイゼンは渋谷にあったあの南博人氏経営のミナミスポーツで購入した鍛造の8本爪(もちろん出っ歯はなし)、アイスハーケンはアングルとリーフ型のものを使用(回収がタイヘン)。ホールド・スタンスは、長尺のピッケルのブレードで全てカッティングして登ったので、腕がたいへん疲れたことを記憶している。F3196711415 前の晩は出合い近くにあった造林小屋に泊まった。

アイスクライミングの登攀用具は格段に進歩した。今所有しているのは、クォーク、M10、そしてハンドルスクリュー、靴はスカルパのクンブレ。

« 河内 富田林の寺内町 | トップページ | 下町を快進撃の生鮮食品スーパー »

あいすクライミング」カテゴリの記事